知的財産管理技能検定特例講習&修了試験

今日は、知的財産管理技能検定特例講習&修了試験を受けてきました。楽しみにしていたのですが、実のところはちょっぴり拍子抜け。2級って、こんなもんなのか。1級が超難関といわれているのに比べれば、易しすぎるように思えました。講習中、講師の先生は修了試験の問題をほとんど明かしているに等しいし…。

昨夜は、大学院の同期生と虎ノ門の「とんくろ」でささやかに行われた新年会に参加したのですが、「明日は特例講習だから」と1次会のみで帰ってきたのに、こりゃもうちょっと楽しんでも大丈夫だったかも!?

新年会は、同期生との飲み会はいつもそうですがとても楽しく、後期の成績のこと、修了後の進路のこと、将来の夢、近づいてくるバレンタインデーや、よりによってその日に開かれる公聴会などについて盛り上がり、大いに笑いあって、愉快に過ごしてきました。

それにしてもなんだなぁ、皆の話を聞いていると、「S」って、そんなに簡単に取れるものなのか…?という気がしてきましたね。すごいなぁ。

で、新年会で、すでに特例講習と修了試験を済ませている同期生から「特例講習は簡単だ」という話は聞いていたのですけれどね、やっぱりなじみの薄い意匠法・商標法・不正競争防止法・種苗法についてはなめてかかれないぞと思っていたわけです。が、それでも拍子抜けしてしまったのです。

あまりに簡単すぎると、2級の資格が持っていても意味のないものになってしまいそうです。やっぱり、頑張って1級を目指すしかない…のかなぁ。
[PR]

by hemp-vermilion | 2009-01-25 21:50 | 知財いろいろ

<< 読書感想文 ギネスの会 >>